ブログ一覧

消耗が激しくて、早く老化が起きている

優しい刺激でお顔とカラダを丸ごとケア。

笑顔の再構築。

始めませんか。

一枚一枚ベールを脱いで、本来のあなたをみつけましょキラキラ

小顔矯正サロン・悠楽(ゆらく)の石原です。

こんにちは。

友人からのリクエスト。

エネルギー調整でお腹とお尻を引き締めて欲しい、と。

了解グッ

どこから手をつけようか。

んー、考えても分からないので、気になるところを全部調整。

あそことここと、そこニヒヒ

翌朝、メールがきました。

朝起きたら

お腹と腰回りがスッキリ!!

お尻の横の張りがなくなっているのビックリ!

トレーニングいらないね。

また、やってほしいラブ

マジ?

嬉しいな。

腕が上がったかな(笑)

もっと研鑽して、みんなに喜んでもらおうデレデレ

さて、最近30代40代の方が体調不良を訴えているのをよく耳にします。

疲れやすかったり、腰痛、肩凝り、関節の痛みがあったり。

熟睡できない、肌の調子もイマイチ、とか。

そのため、ジムに行ったり、サプリメントを飲んだり、食事に気をつけたり、いろいろ試しているそう。

これは、男性も女性も同じように感じているみたい。

私は15年くらい前に、胃がんが見つかり、その後食事の見直したくてマクロビオティックを学びました。

そのとき先生が「60歳までは、本来備わっている免疫が助けてくれる。その後は自分の責任」って言われたのを覚えています。

だから、体のガタって、60歳くらいから感じるのかと思っていました。

今は30代でも起きているのですね。

ちょっとビックリびっくり

からだの内側がうまく循環していない、ってことね。

それだけ現代は、ストレスフルになんですね。

今は、一人になってもスマホやPCがあるから、すぐ誰かと繋がれる。

人との距離が、近くなり過ぎているように思います。

そして、良いも悪いも、情報の量が多すぎて処理が間に合わない。

消耗が激しくて、早く老化が起きているのでしょうね。

これからは、昔の湯治みたいに、リトリートが流行るんじゃないかな。

でも、リトリートだと、ヨガとか瞑想とか散歩とか、きっちりスケジュール組まれて、かえって疲れそう。

私は、温泉につかって、ひたすらボーっとする湯治がいいなデレデレ

今はマジに、ジムへ行くより、5分でもいいからボーっとする時間を持った方がいいと思います。

リラックスしないと、からだの内側はうまく循環しないのです。

老化はどんどん早まります。

何もしないアンチエイジングで、からだの感覚を取り戻しましょ。

(2021/4/14)

お客さまからの嬉しい言葉

優しい刺激でお顔とカラダを丸ごとケア。

笑顔の再構築。

始めませんか。

一枚一枚ベールを脱いで、本来のあなたをみつけましょキラキラ

小顔矯正サロン・悠楽(ゆらく)の石原です。

こんにちは。

一宮市から、Yさん(50代)がご来店。

ねぇねぇ。

マスクのせい?年齢のせい?

顔が下がってる(泣)

確かに、年齢的にも仕方ないと思うけど、マスクをしていると見られるという緊張感が無くなるから余計に顔が下がる気がする。

と、ご来店早々ぼやいていました。

おっしゃる通りだと思います。

そのための悠楽グッ

キュッとリフトアップさせますねデレデレ

ヘッドマッサージも大好きなYさん。

リフトアップにもなるし、頭の中もスッキリするからって、毎回楽しみにされています。

Yさん、もう5年くらい悠楽に通って来てくださいます。

管理職であり、日々仕事に追われ、自分のことにまで手が回らないそう。

「福利厚生費で落ちないかな~」なんて冗談を言いながら、毎月お顔と身体のメンテナンスをしていかれます。

そうそう。

先日、友人からプラセンタサプリを勧められました。

胎盤エキスは、細胞の若返りに良いそう。

副作用もほとんどないとか。

そんな話をYさんにしていたら、

「大丈夫。私はここのメンテナンスで十分若返るから」

って嬉しいお言葉もいただきました。

ありがたいなラブ

当サロンは、フェイシャルだけっという考え方がないので、小顔矯正を受けられるお客さまにも、全身が整うように調整をしています。

オプションとしてヘッドマッサージ、そしてもっと身体とメンタルの調整をして欲しいという方にはエネルギー調整も行っています。

お気軽にお問合せください。

お待ちしていまーすニコニコ

(2021/4/11)

【一宮市からご来店】顔が変わることがきっかけで、暮らしが変わる

優しい刺激でお顔とカラダを丸ごとケア。

笑顔の再構築。

始めませんか。

一枚一枚ベールを脱いで、本来のあなたをみつけましょキラキラ

小顔矯正サロン・悠楽(ゆらく)の石原です。

こんにちは。

氏神さんの境内にある、八重桜が咲き始めました。

この鮮やかなピンク。

好きなんですよね~ラブ

春分を過ぎると、女子はウキウキ元気に。

そのかわり、男子は駄メンズになるそう。

以前、エネルギーの師匠から教えてもらいました。

そしたら昨日、バイセクシャル女子が

「春って、なんか悲しくなる時がある」っと言っていた。

あーっ、彼女は本当にそうなんだ、っと妙に納得したのでした。

さて、一宮市からNさん(30代)がご来店。

毎月、定期的にいらっしゃっているNさん。

最近はお顔の変化だけでなく、生活面まで変化が起きているそう。

Nさんコツコツと、「自分の意見をちゃんと言う」っということにトライしてきました。

最初は怖くて、ご主人にもなかなか言えなったそう。

でも、我慢していると、ある時突然爆発してしまう自分に気がつき、些細なことから言う練習をされたんです。

そしたら、ママ友との関係も変わってきたとか。

意識が変わると、自分を取り巻く世界が変わる。

そのことを、とても実感されているご様子で、楽しそうでした。

当サロンにいらっしゃって、顔が変わることがきっかけで、暮らしが変わる。

それは私がいつも願っていることですから、その報告を聞けて、とても嬉しいですデレデレ

でも、実際に行動したのはNさんです。

悠楽はあくまでサポート役。

上手に悠楽を活用してくださいね。

お待ちしています。

(2021/4/9)

クルクルと幸せが循環します

優しい刺激でお顔とカラダを丸ごとケア。

笑顔の再構築。

始めませんか。

一枚一枚ベールを脱いで、本来のあなたをみつけましょキラキラ

小顔矯正サロン・悠楽(ゆらく)の石原です。

こんにちは。

最近、自分があることに依存していたことに気がつき、愕然としていました。

幾つになっても、なんか色んな課題が出てきますねチーン

覚悟して、自分を信じて、前に進むことにしますデレデレ

さて、ブログから当サロンを見つけてくださり、6月に挙式を控えたKさん(20代)がいらっしゃっています。
本日4回目です。



継続は力ですね。

Kさんは骨格がしっかりしているので、ゆっくりの変化ですが、

以前の硬い表情が優しい笑顔になって、表情がとても豊かになられました。


ご本人が気づかれていませんが、、お話しているとよく分かります。
お肌の調子も、回を重ねるごとにどんどん良くなっていますよ音譜


結婚式は、パーティーの主役の新郎新婦が、世界から祝福される特別な日。

そして、お二人から溢れた喜びのエネルギーは、まわりの人たちを幸せにします。

クルクルと幸せが循環するのです。

そんな、最高な一日を迎えるお手伝いができて嬉しいです。

今年は結婚式が中止にならず良かったですね。

次回もお待ちしています。

(2021/4/7)

【一宮市からご来店】下がった瞼を引き上げたい

優しい刺激でお顔とカラダを丸ごとケア。

一枚一枚ベールを脱いで、本来のあなたをみつけましょキラキラ

笑顔の再構築、始めませんか。

小顔矯正サロン・悠楽(ゆらく)の石原です。

こんにちは。

掘りたての筍をいただきました。

えぐみも少なく、ほこほことして美味しいの。

今日は筍ごはんにしようかなデレデレ

前回のブログに眼精疲労のことを書いたら、偶然「瞼が下がってきた~」っと、お久しぶりにHさん(40代)がご来店です。

シンクロしています。笑

思ったら即行動のHさん。

下がった瞼が嫌で、ネット検索した美容クリニックで手術の話を聞いてきたそうです。

でも、なかなかのお値段チーン

話だけ聞いて、帰ってきたそう。

そして、思い出して当店へ。

スッキリ目元を目指して、キュッと瞼を上げていきますねウインク

目の周りやオデコの筋肉を緩め、血行を良くし、瞼を引き上げるのに使われる眼瞼挙筋や眼輪筋にエネルギーでアプローチして筋肉を活性化します。

頭部の緊張も取れるので、顔色も良くなります。

施術後のHさん

「あれ?頭がすごくスッキリしてる」

「視界も明るいし、瞼も少し上がった気がする」

と、嬉しそうです。

大丈夫、手術は必要ないと思いますウシシ

Hさんのモットーは

「せっかく生きているんだから、楽しまなきゃもったいない」

悩みがないわけじゃないし、ストレスだってあると思うけど、自分の好きなこと見つけて、ほんと上手に楽しんでいます。

わたしも見習うことがいっぱいの行動の人です。

瞼を上げるストレッチもさっそく始めるそうです。

頑張って!

おまけ音譜

こんな人も、眼瞼下垂になりやすい傾向にあります。

よくまぶたを擦っている人。

コンタクトレンズの出し入れを乱暴に行う人。

また、アイメイクをごしごしこすって落とすことや、つけまつ毛やエクステを着け外しすることも、まぶたにとって負荷がかかります。

気をつけましょうね。

(2021/4/5)