ブログ一覧

断舎離して若い頃のフェイスラインに

すっぴん肌も綺麗!

毎日笑顔になれる小顔矯正サロン・悠楽ゆらくの石原です。

こんにちは。

 

去年の暮れから、まるで趣味のように断舎離して、どんどん物を処分していました。

でも、ここ最近は、自分の考え方や気持ちが断舎離されていきます。

どうしてそんな拘っていたのかなぁ?

でも、もうその考えは必要ないね、と自然に。

自分でも、この変化に驚いています。

断舎離の本当の目的は、こころの断舎離。

楽ちんになってきました~(*^^*)

 


さて、一宮市からYさん(40代)がご来店。

ネットで当サロンを見つけていただき、痛くないなら行ってみよう、と思われたそうです。

痛くない、です。

ご安心ください(笑)

 

子育てもひと段落して、これからは自分のことを優先していかれるそう。

その手始めに、まずお顔を昔のフェイスラインに戻しにいらっしゃいました。

噛み合わせの調子が悪くなってから、お顔の歪みも出てきたそうです。

 

触れるとお顔の左が温かく、右が冷たいと分かるくらい温度差があり、右の頬がガチガチになっていました。

そして、右に引っ張られ、左が頬高です。

部分的にではなく、お顔全体を緩めた方がよさそうなので、ほんのちょっと圧をかけほぐします。

その後に老廃物を流し、小顔に整えますね。

 

お肌はハリがあり、ピカピカのYさん。

料理がお得意で、全て手作りだそうです。

お肌のハリは、毎回のお食事の賜物ですね。

食べることは大事です。

 

これから実現したいことがたくさんあるYさん、施術中はずーっと夢を語ってくれました。

人に話すと夢に近づくんですよ。

叶えたい事は、どんどん話しましょう♪

 

さてさて、話している間に、お顔は徐々に若い頃のフェイスラインになってきました。

これでまた一つ、Yさんの夢が叶いましたね(*^^*)

ご自分のビフォーアフターの写真を見ながら

「そうそう、こういう感じだったわ。若いころの顔に戻るんですね」

と喜んでいただき嬉しいです。

今度はどんな夢を叶えますか?

次回もお話、楽しみにしていますね。

ありがとうございました。

(2017/4/5)

リフトアップのお手伝いします^^

すっぴん肌も綺麗!

毎日笑顔になれる小顔矯正サロン・悠楽ゆらくの石原です。

こんにちは。

サクラの開花状況は、同じ愛知県でも随分と違いますね。

まだまだ蕾や二分咲きのところ、はたまた満開に近いところも。

サクラさん、サクラさん、ゆっくりでいいですよ。

ゆっくり咲いてくださいね、わたしがお花見するまでは(笑)

 


さて、当サロンではオプションメニューにヘッドマッサージがあります。

頭蓋骨は、大小20以上の骨がつなぎ合わさってできています。

そのつなぎ目にそって圧を加えながら、頭部から首筋にかけてマッサージしていきます。

頭や顔のヒフは、繋がった一枚の皮ですね。

当然、頭皮が緩み血行がよくなれば、顔の歪み、お肌のハリ、シワ、たるみの解消にもなり
小顔キープに役立ちます。

目の疲れ、頭痛もちの方など、とくにお勧めします♪

 

お客さまからも

血行が良くなるせいか、施術の後は全身の肌がツルツルになります。
5歳は若返りました。

顔全体のシルエットって、お化粧ではカバーできなんですよね。。。
小顔矯正とセットで受けると、落ちていた頬が引き締まって
数年前の顔に戻ったって実感します♪

頬がスッキリして目もぱっちり。
自分の変化を楽しんでいます。

頭痛が軽くなった。
血行不良だったのかな?


とにかく、気持ちいい!!
 

などなどと、嬉しい感想をいただいています。

 

小顔矯正+ヘッドマッサージ

自信の一押しメニューですsmiley

一度、お試しくださいませ。

(2017/4/4)

自分の機嫌、とっていますか?

すっぴん肌も綺麗!

毎日笑顔になれる小顔矯正サロン・悠楽ゆらくの石原です。

こんにちは。

岩倉市・五条川の桜祭りが始まりました。

ライトアップされた桜も綺麗ですね♪

 

 

先日、高蔵寺ニュータウンに住む津端ご夫妻のドキュメンタリームービー

「人生フルーツ」

やっと見てきました。

津端修一さん90歳と英子さん87歳。

風と雑木林と建築家夫婦の物語です。

4年前に本屋さんで「あしたも、こはるびより」というお二人のエッセイ本を見つけ、丸太小屋で優雅に暮らす生活に憧れました。

 


人生フルーツの中で、お二人が口を揃えて言います。

何でも自分たちでやる。

こつこつとやる。

こつこつやると、いろんなものが見えてくる、と。

そして、英子さんの言葉が印象的でした。

「修一さんに、美味しものを食べてもらい、綺麗な洋服を着せてあげる。

それが私の仕事。

そうすると修一さんは機嫌よく、仕事も頑張り、毎日が良くなっていく。

そして、わたしも良くなっていく。」

いいですね。

男女平等と言いますが、やっぱりこれは、男と女の自然な役割だと思います。

 

わたし現在シングル。。。f^_^;

でも、ふっとこう思いました。

お一人様の人は

自分に美味しいものを食べさせ

綺麗な洋服を着せてあげて

自分の機嫌を取ってあげればいいじゃん。

そしたら、毎日良くなっていくのでは?

きっと、そうです(笑)

自分を機嫌よくしてあげましょ♪

(2017/4/1)

顏の大きさは計りませんが小顔です

すっぴん肌も綺麗!

毎日笑顔になれる小顔矯正サロン・悠楽ゆらくの石原です。

こんにちは。

先月結婚されたガーデンスタイルストの佳子さんから、近況報告が届きました。

ウエディングドレスの佳子さん、輝いていました♪

新しい苗字にもやっと慣れ、幸せいっぱいのご様子です。

素長くお幸せにね~~!

 


さて、一宮市から大きな顔がお悩みのMさん(40代)がご来店。

ご都合が悪く、前回から1ヶ月以上空いてしまいました。

魔法が解けてしまったのか?

少々お顔の戻りがあり、頬骨が出てほうれい線が深く見えますね。

Mさんも

「1週間前から急に顔が大きくなった気がして、ネットで顔の大きさを検索して心配していた」と。

顏の大きさの検索?

詳しく聞いてみると、顔の大きさを計る方法があるらしい。

なんでもティシュの箱の幅より顔幅が大きいと、デカい顏になるそうです。

そんな基準があるんですね?知りませんでした。

でも、それは体格の違いや、顔の形の違いから、みんなに当てはまらないと思うんですけどね(笑)

でも、Mさんにとって大きな顔は深刻な悩み。

そこに自分が当てはまると、ドーンと気分が落ちてしまうそうです。

ではでは、悠楽の魔法で小顔にいたします♪

 

あー、これこれ。この顎の感じ。

ちゃんと骨が手に当たるし、手の中に顔が納まっている。

よかった~!小さくなって!!

Mさん元に戻って大喜びでした♪

どうしても施術と施術の間が長くなると、本来のお顔から遠ざかってしまいます。

なので、3週間から1ヶ月のペースで、お顔が戻りきる前に手を加えてあげるとベストな状態が維持できますよ。

「ほんとね~。

いらないことネットで検索して心配してるより

早くここで小さくしてもらえばよかった」

「来月は早めに来ます。

わたしの精神安定のためにも^^」

と、楽しいMさんです。

次回は魔法が解ける前にお待ちしています('-^*)/

 


あなたもお悩みをひとつひとつ私と一緒に消していきませんか?

お電話、お待ちしています♪

(2017/3/31)

エラ張さんは頑張り屋さん

すっぴん肌も綺麗!

毎日笑顔になれる小顔矯正サロン・悠楽ゆらくの石原です。

こんにちは。

今日は暖かい♪

単純なわたし。

暖かいとウキウキしてきます(*^^*)

春分も過ぎ、女性が元気になる季節です。

お洒落をしてお出かけしたいですね♪



大口町からSさん(40代)が、8ヶ月ぶりにご来店下さいました。

左右バランスが悪く、右側のエラ張がお悩みです。

時々ブログを読んでいただいているようで

ご自分のお悩みのエラ張が改善されていく様子をご覧になって

再びサロンにお越しくださいました。

ありがとうございます。

わたしの技術は職人さんと同じで、月日が経てば経つほど進化。

自他認める小顔職人になってきました(笑)

 


さて、お悩みのエラ張の方には

日頃頑張って仕事や家事、育児をされている方が多く

力が入り、顏をガチガチに緊張させています。

そして、みなさん

「力の抜き方が分からない」とおしゃいます。

身体と心は繋がっていますから、過度の顏の緊張は、こころの余裕もなくなってしまいます。

車のハンドルと同じで遊びが必要です。

もっと、ユルユルすることを自分に許してくださいね。

何もしない自分にも価値がありますよ~(*^^*)

 


Sさん、本日はたくさんユルユルになっていただきましたので

ぐっすりお休みモードでした。

コチコチだったお顔に余裕ができ、老廃物もスルスルと流れていきました。

ふんわりと透明感のあるお肌が戻ってきて、よかったですね。

そして、わたしも頑張ってチカラ抜いて、エラをじっくり入れ込みました。

幾分、目立たない様になってきましたが、まだまだこれからです。

わたしと一緒に、諦めずエラ張を解消していきましょうね♪

 

「今日はぐっすり眠ってしまいました」と

ゆっくりした口調でお話されるSさん。

今回はしばらく通っていただけるようです。

次回も楽しみですね♪

お待ちしています。

(2017/3/30)